[使用感]15-16ATLEオーウェン(イングランド代表版)使用感。

最終更新2016年9月18日
15-16ATLEオーウェン
4sg45dr4gr45a3hts83.jpg
-/-/-/-/-/- 
ワンダーボーイ(降臨)


公式戦記録
4sg45dr4gr45a3hts82.jpg

■主な配置 1、CF 2、右WG 3、-
※配置補足:今回ATLEオーウェンを起用するにあたり序盤は主に中央CF、個人&特殊覚醒後は基本的に右WGで起用。

■特別指導でとても相性の良い選手覚え書き
オーウェン(自身)、C・ロナウド、ラーション、イブラヒモビッチ等

スポンサードリンク

スピードはピカイチ

オーウェンの武器はなんといってもその圧倒的なスピードにある。スルーパスへの反応の素早さはもちろん、オーウェン目掛けたキーパーのロングキックから最前線でボールを受けそのまま得点を決めてしまうことも。

スピードの速さと裏への抜け出しの上手さも相まって、後方からのパスが決定的な状況へと結びつくこともしばしば。ロングフィードが得意な選手とも相性が良い。

威力はまずまず精度は良好

シュートに関してはやや成長依存が強いのか序盤はエリア内で外す光景も見られた。覚醒後は決定力の向上が見られ全般的に精度は高い。ただし威力はまずまずといったところ。

中央起用時はクロスに対し時にはボレーなど難しい体勢からのゴールも。一度弾かれたボールにもしっかり反応、スピードを活かし二の矢三の矢で仕留めることもある。威力は無いが狙いすましたように股下シュートなど器用な一面も。

KP設定時は突破力上昇

KPに設定すると混戦状態であってもトライする頻度が増す。DF2、3人相手でも果敢に仕掛け突破してしまうこともある。裏への抜け出しはさすがで、ワンダーボーイ発動時は並みのスピードのディフェンダーでは問題にならない。

並の選手なら追いつけないボールにも間に合ってしまう反応の良さはオーウェンならではと言える。ぎりぎり届かないようなボールにもスライディングぎみに足を出し最後まで食らいつき諦めない姿勢も評価できる。

WGでの起用も〇

右WGでの起用時は快速を活かした鋭い突破から敵を出し抜きクロスで幾度もアシストを記録。スルーパスに反応しひとたび抜け出せばそのまま中央へ一気に切り込んで得点も。スルーへの反応はピカイチなのでトップ下などにスルーが得意な選手を配置するのもオススメ。

弱点は・・・?

フィジカルコンタクトはやはり苦手とするところだが、それを補って余りあるスピードで弱点をそこまで感じさせないのも魅力。・・・とはいえ屈強なDFに遮られれば分が悪いので出来るだけ被らないようにしたい。中央よりサイドの方が活きるか。

高さが無いのでヘディングでの量産は厳しいと言える。またケガもそれなりにする印象。スタミナは16程度あるものと推測。

総評

ダイレクトやクロスが流行の今、中央のCFに求められるのがヘディングやフィジカルコンタクトの強さ、そして高さを武器に出来ることも重要な要素と考えるとオーウェンはやや物足りなさを感じるかもしれない。

しかし一瞬のスピードで裏への抜け出しは最高クラスで十分な決定力も備わっている。今後スルーパス重視やラインブレイクが今よりも有効なVerが訪れれば大化けする可能性もあるかもしれない。個人的には今期スルーパス重視の戦術のもと大いに楽しませてもらったので満足な1枚。ということで・・・

イマイチ伝わらない
満足度評価番付


横綱
大関
関脇
小結
平幕
十両
幕下

俊足を大いに楽しませてもらったので満足度は大関クラス。まだレアルやリバプール版を試せていないので二場所好成績なら綱取りも見えてくる・・・!?(´∀`σ)σ

※番付は強さの格付けではなく、あくまで個人的な満足度を表したものです。
※個人の使用感ですのでどうかあしからず。



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力