U-23日本代表の追加は総合ポイントを考慮するうえでの新たな選択肢となるか。



WCCFで最も総合値の低いカードといえば01-02白アントニオーリですよね。大会など総当たり戦において勝ち点が同じ場合などチームの総合値の低い方が有利となるため、現在でも控えに起用される機会が多く(記憶にあたらしいところでは先の第10回全国決勝大会に進出されたチームでも確認)、数値の低さに反して起用率は高い印象を受けます(-∀-)

スポンサードリンク

低い方が嬉しいというのは実際の選手にとっては大変失礼なお話となってしまいますが、あくまでゲーム的な視点であるということを前置きし、“U-5N8”かつ総合ポイントを極力抑えてチームを組みたいと考えた場合、今回のU-23の一部の選手は大いにその役割を果たしてくれるのではないか、選手パラメーターの合計値を考慮する上で重要な選択肢となりうるのではないかと思った次第。

現状ポスターにあったGKの杉本の総合値のみ公開されていますが、杉本の数値は6/15/10/13/10/11で65と、総合値65以下の選手遡ること08-09の白ファン・オヘダ以来久しぶりということになります。先ほど書かせていただいた通り大会でのレギュレーション“N8”で考慮できるという点で、U-23追加カードではその辺りにも注目かもしれません。

それ以外にも総合ポイントが低い方が年俸が上がりやすいメリットなど、これからWCCFを遊ぼうと思ている新規の方、とりわけ若い世代には喜ばれる追加なのかもしれませんね。ポスターで公開された浅野や、おそらく追加されるであろう南野、中島のカード化は私も素直に嬉しく思っております。U-23の全体的な数値面に関しての印象は70台から80近辺が多く、当たり前かもしれませんがヘタに贔屓されたような査定では無く安心しました(笑)

さて、いよいよ明日3.0稼働!楽しみになってまいりました~(´∀`σ)σ



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力