[使用感]15-16ATLEトレゼゲ簡易使用感。

最終更新2016年9月06日 15-16 Ver.2.0
15-16ATLEトレゼゲ
fa1whgt55eswg_201609061621031ef.jpg
-/-/-/-/-/- 
トレゼゴール(降臨)


公式戦記録
fa1whgt55eswg2.jpg

■主な配置 1、CF 2、- 3、-
※配置補足:今回ATLEトレゼゲを起用するにあたり前線にFW3枚、攻撃的MFを1枚を置いた中央センターフォワードやや左に配置。上記出場試合ではほぼ固定で試している。個人・特殊覚醒済み。

試験用チームにて途中から投入したATLEトレゼゲだがチームが任期終了間際ということもあり、簡易的ながら使用感を書かせていただこうと思う。

スポンサードリンク

良いところ


立ち上げ時からゴール外にふかすようなことも無く、利き足は右だが左も変わらず精度よし。早い段階からシュートの正確さが目に見えてわかる。

シュート動作も速く、動作が遅い選手にありがちなトラップを受けてからシュートに至るまでの煩わしい予備動作をあまり感じさせない。ヘッドはもともとの長身に加えジャンプ力も備わっており打点が高く、セットプレーでも脅威となる。

当初はアクロバティックなシュートは少なく派手さは無い印象だったが、星が貯まるにつれオーバヘッドなど難易度の高いシュートも放つようになる。後方からのパスにワンタッチで振り抜く低弾道の強力なシュートや、離れた距離からでも確実に決める威力があり、決定力の高さなどシュートに関連する能力は申し分ない。

ボールを納めるのも上手く、胸トラップは190cmの長身を最大限に活かし、やすやすとボールを納め自分ものとする。タメを作るキープ力もありタッチも柔らかい。

気になったこと


スタミナは15程度あるものと推測するが、同数値の選手に比べ試合中など減りやすい印象を受ける。これは絶えず裏を狙うための上下動が影響しているものと思われるが試合後半では厳しくなることも。

覚醒後に多少の緩和が見られたように思うが、今回は前線に枚数を割いており各個の負担は少ないハズであること、トレゼゲをキープレイヤー(降臨)に設定していないという状況を考慮するならば、枚数を減らした状況下で耐えうるか違いを試してみたいところ。

スピードはまずまずだが決して速くはない。ドリブル時は手を出し相手を制しながら突破を試みるが単独で打開するというタイプでは無い。裏への抜け出しなど味方からのボールへ反応するなど一瞬の抜け出しは速く、タイミングは良い。

総評


個人的に感じたATLEトレゼゲの長所は決定力の高さもさることながら、オフザボール時の動きとポジション取りの狡猾さにある。スタミナの減りが速いのも常に相手DFの裏を狙う意識の強さと体の入れ替えなど頻りに繰り返すゆえのこと。

特に印象に残ったプレーがある。サイドに流れたクロスを受ける直前まで相手DFと積極的に競り合い、クロスが放たれると見るや瞬時にマークを外しヘッドを狙い得点を決める。一見なんの変哲もないプレーのようだが重要なのはマークを外した際の移動距離で、味方のクロスがあきらかにトレゼゲの位置を狙ったものではなく、誰もいないスペースへの配球、言うなればミスキックのような弾道を瞬時の抜け出しでゴールにしてしまったのだ。上記以外でも多少遠い距離から足でも頭でもよく得点に結びつくことが多いと感じた。

他にもシュートボタンのあとスペースに余裕があればさらなる助走を取りボールの芯にインパクトさせる強烈なシュート、クロスを上げる機会は少なかったが遠い位置からでアシストする際も「ボン」と音をたてるクロスを放つなど、シュートだけでなくキック力全般が強い印象を受けた。

今回はあくまでスルーパスをメインとした戦術下での起用であったが、次はオフェンス+パワー震撼でトレゼゴール発動を狙いつつクロス重視などほかの戦術のもと試してみたいと思う。

おまけ
イマイチ伝わらない
満足度評価番付

横綱
大関
関脇
小結
前頭
十両
幕下
三段目
序二段
序ノ口

まだ使用数が少ないので今回は関脇。来場所の成績次第では大関昇進も十分ありえる!?(´∀`σ)σ

※あくまで個人の使用感ですのでどうかあしからず。



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力