レアKPをつい揃えたくなる不思議

061.jpg
↑奇跡の街道、ゲーゲンプレスの先鋒、ワンダーボーイ発動!(・Д・)ノ

奇跡の街道とワンダーボーイのどちらもオフェンス+スピード震撼で発動、さらにSOCカガワのゲーゲンプレスの先鋒(奪取+スピード震撼)を組み込んでみました。現状単体で発動できるプレスディフェンスのレアKPの中で“オフェンスかデェフェンスのチームグラフを気にせず”にを発動出来るのがSOC香川だけなのでなかなか重宝しますね(-∀-)

スポンサードリンク


チームなどを考えていると使いたい選手のカードを優先しつつも、どうしてもレアKPを意識して3種類揃えたくなってしまうことがあり、気づけば当初考えていたチームとだいぶ違うコンセプトのチームが出来上がってしまうことがあります(笑)

今回はEUSデ・ブライネの素早いスルーパスにオーウェンの俊足を最大限活かしてもらおうという考えのもと遊んでいるチームでして一応計画通り・・・と言いつつ最初はPOYポグバと組ませていたのですがビクトリーパレードがオフェンス+パワーなので途中で計画変更してしまいましたが(´∀`*;)ゞ

オーウェンメモ2
オーウェン(代表版)は基本的に中央で使っていたのですが途中から右WGなどサイドなどでも起用するようになりました。デ・ブライネもその直下に配置してサイドでデブライネのスルーにオーウェンが反応、中央ターゲットの選手へクロスから得点の流れ、あるいはそのままサイドから状況をみて中へ切り込み、シュート力はそこまで強くはないですが狙いすましたようなシュートでゴールを奪うなど決定力もなかなかのもの。

体感ですがワンダーボーイを発動するとドリブルスピードのキレが増す印象、トライする回数も増えプジョルなどある程度スピードがあるDFの選手もぶっちぎりのスピードで抜きさる様は見ていて爽快(-∀-)中央での起用もポジショニングの良さでフィジカルコンタクトを避け裏へ抜け出す速さはさすがスピード20は伊達ではありませぬな。

特にスルーパス重視の戦術下ならボールさえ通してしまえばある意味追いついたモン勝ちという状況も作りやすいので、フィジカルコンタクトが苦手でも圧倒的なスピードと嗅覚を最大限発揮してくれるオーウェンは中央、サイドどちらの起用もオススメでございます(´∀`σ)σ

【13-14EXTRA白グリーズマン】の落札価格が気になったので調べてみた

今更ながらSATLEデニス・ローを開封してみた もしユナイテッドが追加されたら・・・

【開封報告】驚きの白さ 金髪にイメチェンしたアノ選手



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力