【2.0開封報告】PRIDE2階級制覇を成し遂げたアノ格闘家と名前が似ている選手(ちょっと格闘技ネタ)

013_20160707092835f24.jpg
ヘンダーソン!

配列はこんな感じで
012.jpg
左上1枚目から数え8クレ目でございました


EURO2016ではベスト16で敗退となってしまったイングランドのジョーダン・ヘンダーソンですが1.0のSOCに続き2.0ENSで再びレアカード化となりましたね~。数値を比べてみると・・・

ENS 15/12/16/14/16/17 90
SOC 15/11/17/14/16/17 90

なるほど。テクニック-1の代わりにディフェンス値が+1されたわけですな。カード裏面の適正範囲をみてもSOCが前線にあるのに対し、ENSは後方と数値配分からみても少々性質が異なるようデザインされているようですね。KPもゲームメイクと守備と攻撃の両面に期待できそうな印象ですかな(-∀-)

スポンサードリンク


ここからちょっとだけ格闘技のお話(´∀`*;)ゞ
かつてダン・ヘンダーソンという選手がおりましてな(かつてなんて言いましたが45歳今だ現役で、先のUFC199では見事なKOで勝利をおさめたもはや生ける伝説ですな)、レスリングをバックボーンとした強力なタックルもさることながらパンチも非常に強力、打撃が得意な選手にも真っ向打ち合いに応じるファイトスタイルでファンもとても多かったですよねぇ。華やかさは他の選手に少々劣るかもしれませんが非常に堅実でとにかく“硬い”なというイメージを私も抱いておりました。

例えばPRIDEで当時全盛期とも言える時代の桜庭和志や日本人選手達が幾度と挑んで勝てなかったヴァンダレシウバにも引けを取らず、初対戦時は判定負けでしたが、PRIDEがUFCに吸収されアメリカでの興行が主となった際、ミドル級のベルトを賭けたタイトルマッチで見事シウバに勝利し、ウェルター級(PRIDE初代ウェルター級チャンピオン)と合わせPRIDE史上初の2階級制覇を成し遂げたわけですな。その後PRIDEは消滅してしまいましたが、一時代を築いた選手の一人であったことは間違いありませんな。何せあの皇帝ヒョードルにまで勝ってしまいましたからねぇ(私はもともとヒョードルとかハリトーノフとかボブチャンチンが好きだったのでヒョードルが負けた時はちょっとショックでしたが(/∀\*))

昨年末から日本でもRIZINが始動、ここまで見ている感じだと正直少々物足りない印象ですが、今年はシウバも出場するRIZIN無差別級トーナメントも行われるということでちょっと期待しております。ダンも引退を示唆するようなことを言ってましたがそれならRIZINで・・・おっと、WCCF以外のことを久しぶりに書いた気がしますが格闘技に興味のない方には少々退屈なお話だったかもしれませんで大変恐縮です(´∀`σ)σ

フットボリスタ8月号の表紙、付録の予想はなかなか難しそうですねぇ ディバラ

【01-02MVPトレゼゲ】の落札価格が気になったので調べてみた 依然として

テクニック20で尚且つDF値の高い選手は?



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力