80回大会データ対戦メモ アモーレ



いつも参考にさせていただいておりまする。今回は80回大会にて上位進出されたチームが使用していたKPなど主観的で大変恐縮ではりますが、特に気になったものなど自分用のメモも兼ね忘れないように書かせていただこうと思います( ̄^ ̄)ゞ

金枠=(金)
黒=(黒)
白=(白)
綺羅=表記なし


決勝
(KP/選手)
ダイレクトホットライン /黒エジル
ダブルコンタクト /黒キエッリーニ
ペナルティガーディアン /ブッフォン

綺羅
ニースケンス、ブライトナー、マスチェラーノ、カンナバーロ、ブッフォン


ロケットパスG /黒ジェラード
スティールボールラン /黒シャビアロンソ
王国の門 /黒チアゴシウバ

綺羅
メッシ、C・ロナウド、ニースケンス、カシ-ジャス、ルーニー(控え)


ダイレクトホットライン+ダブルコンタクトとコンビチームスタイルをダブルで使用されていたチームが見事優勝されていましたね~!ダイレクトホットラインの黒C・ロナウドをそのまま合わせとして中央の位置に起用、ニースケンスを右WG、その下にブライトナーと、コンビチームスタイルとの兼ね合いもあると思いますがFWに綺羅を1枚も使用していないというのもとても珍しいなと思いました。もう一方も補助KPにコンビチームスタイルの王国の門を使用されていましたね。現状データ対戦などでも右攻めが多い印象ですが、フォーメーションはメッシを左WGに起用しサイドから攻めるカタチで起用されていたようですね~。

※一時掲載順を間違えておりましたようで、大変失礼をいたしましたm(_ _)m

スポンサードリンク


【PICK UP !!】
さて、今回ピックアップさせていただくのは

・・・ /-
ネラッズーリ /-
・・・ /-

(主な綺羅枠)
イブラヒモビッチ、ブレーメ、ナガトモ、マテラッツィ、カンナバーロ


ネラッズーリを使用したチームですが(勝手に造語)ニースケンスポジションのトップ下の位置にブレーメでは無く、ナガトモのレアカードを使用されていたのがとても印象的でしたね~(-∀-)(ちなみに右WGは黒エトー、ブレーメはナガトモのやや下がり目、3ボランチ右の一角を担うようなイメージの配置だったかと)

(KP/選手)
ブラウグラナ /-
・・・ /-
・・・ /-

綺羅
ラーション、メッシ、イニエスタ、マスチェラーノ、ブラーボ


再び三度、いや4度目だったでしょうか(それ以上だったたかもしれません)がラーションがまたまたベスト16以内に登場しましたね~!ブラウグラナはネラッズーリほど頻繁にではないものの15-16以降何度か見かけたクラブチームスタイルの一つではありますが、最近ではフォーメーションも右から攻める形というのが非常に多い中で、DFラインと中盤も4-4-2でフラットぎみで全体的にやや下がりめの配置、前線はWGのメッシと中央のラーションの2枚を置く構成となっていたのも非常に印象的でございました(´∀`σ)σ

15-16以降、ここまでデータ対戦ベスト16以内に登場した“クラブチームスタイル”は・・・?

15-16以降、ここまでデータ対戦ベスト16以内に登場した“コンビチームスタイル”は・・・?

逆にここまでデータ対戦ベスト16以内に登場して“いない”プレスディフェンスのコンビは・・・?



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力