■13-14 HOLE カフー 使用感

■13-14HOLE カフー 使用感
最終更新2016年3月29日
IMG_16032.png
-/-/-/-/-/-
右サイドの支配者(ダイナモ)

最終使用Ver:15-16(14-15~)

■公式戦記録
IMG_1602_1.png

■主な配置 1、SB(右) 2、OMF(右)※
※補足:今回HOLEカフーを起用するにあたりディフェンスとしての守備能力を知りたいがゆえ基本的に出場試合の大半があくまで純粋な4バックの一角としてDF認識メインの配置にて起用、MF認識は試験的に配置した程度となっている。

スポンサードリンク


守備能力について
守備は非常に堅実で、相手FWの動きを見ながらジリジリと後退し動きを見定め、ここぞというところで即座に仕掛けボールを奪う。また時折ボランチまでをも差し置き、高い位置でのボール奪取も積極的におこなうが、これによる右サイドが手薄になるなど危うい場面も無く、奪取力、判断力ともに長けている。スピードも速く、一度抜かれたとしても再度後方からしれっとボールを奪い返してしまう場面も多々あった。

アシスト能力について
今回はあくまで守備能力を知りたいがためDF認識内メインでの起用でありながら、その時折見せるドリブル突破からのクロスの質は特筆に価するもの。上記公式戦記録のカフーのアシスト数=クロスを上げた回数と言ってもいいほどの精度で(実際にクロスをあげた数はカウントしていなかったが“そう思えてしまうほどの印象”と言えば伝わるだろうか)非常に正確なクロスを供給しチームの勝利に幾度も貢献。この高いアシスト能力を完備していることからも、前線の深い位置での起用もオススメできる。

総評
起用前、守備的に配置しても勝手に上がってしまうのでは無いかという私のイメージはすぐに覆されることとなる。決して無理な動きは見せず守備に徹する姿勢はチームの安定に欠かせないものとなる。またMF認識にした場合は得意のドリブル突破で前線の深い位置まで切り込み質の高いクロスを放つ。パス精度もよく、攻守両面において非常に安定感があることを示してくれた。あえて苦言を呈してみるならば恐らくは苦手とするフィジカルコンタクトの面での弱点を無理やり挙げることもできるが、テクニックとスピードで充分カバー出来ている印象ゆえ、SBとして正直これといった弱点は感じさせず非常に使い勝手のよい1枚。スキル『右サイドの支配者』よろしく、右サイドにおけるほぼ全ての領域は安心して任せることができる。

※随時更新していきます。
※あくまで個人の使用感ですのどうかであしからず。




WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力