●14-15OE 黒 マルアーヌ・フェライーニ 使用感

●14-15OE 黒 マルアーヌ・フェライーニ 使用感
最終更新2016年3月28日
fellaini.png
15/12/13/19/13/15 87
特攻のパワープレイ(パワープレイ)
最終使用Ver:15-16(14-15~)


●公式戦記録
fellaini_2.png

●主な配置 1、CMF左 2、DMF左

シュート、攻撃意識について
フェライーニの特徴の一つに積極的な攻撃参加が挙げられる。まさしくカード裏面の適正範囲色濃い前線の高い位置にも積極的に顔を出す。守備的なポジションに配置していても、いつの間にかゴール前へ陣取っていることも。この事からも攻撃意識は高いものと推測。そしてもう一つの特徴はその身長の高さを活かしたヘディング。CK、FK等セットプレー時における得点力はしばしば脅威となりうる。通常のシュートは威力はあるがまずまずといった印象。

スポンサードリンク


奪取力、守備意識について
ボランチで起用した際、奪取力はまずまずでパワー19と体の強さを活かした守備もしてくれる。ただ、スピードが遅いためせっかく奪取したあとにすぐ追いつかれて奪い返されるという場面も。奪ったあと、奪われて、さらに奪い返しにいくという光景を何度かみたので守備意識自体はある、があくまで試験的な起用ではあるが純粋な守備的MFとして起用するならやや難アリと言わざるをえない。

パス、アシストについて
パスの種類は多くない。別段ヘタではないが、これといって効果的で印象に残るようなパスも少ないように感じた。パススピード自体も平均的なので確実に繋ぐ意味では問題ないが少々物足りなさも感じるところ。時折サイド突破からクロスを上げることもあるがいたってシンプル。ただしそこまで悪い印象は無く、確実に言えるのはクロスを出すより受ける方が得意であるということ。

ドリブル、スピードについて
フェイントなどは使用せず、基本直線的でボールを持った際のドリブル間隔もやや大きいように見受けられる。決して得意ではない弱点を知ってか知らずか無理なドリブルはしないため玉離れはまずまずの印象。ただ、上記奪取力、守備意識の項にも記した通りスピードは遅いので出来るだけ中央に絞った起用と仲間との連携、フォローの関係を上手く構築したい。

総評
今回起用した位置はどちらかというと後方、守備よりだったため、かつてセカンドトップをつとめた経験や前線での攻撃力が注目されるフェライーニの本来の得意なポジションでの起用とは言いがたい。ただし時折みせる積極果敢な攻撃参加、気付けばゴール前へ進出してゴールの機会をうかがう姿勢は評価できる。競り合いにも強く15-16ではセットプレーの機会が増えたのでその重要性は増したと言えるだろうか。現状、主流となるには一歩及ばない印象だがトレードマークのアフロなどその個性的な容姿も相まってビジュアル的にも楽しめる1枚。

※随時更新していきます。
※あくまで個人の使用感ですのどうかであしからず。



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力