17-18データ対戦で登場していたレジェンドやレアKPメモ

17-18以降のデータ対戦168回大会から231回大会までのベスト16以上に登場していたレジェンド(ポジション別)

FW
ステファノ 168
エウゼビオ
フリット
ロナウド
クライフ 169
サリナス
シェフチェンコ
ストイチコフ
メアッツァ 170
ビエリ
クリンスマン
アンリ 171
トレゼゲ
インザーギ 172
マラドーナ
ケンペス 174
レオニダス 175
マシューズ 176
カジラギ
セレーナ 177
アスプリージャ 178
クリンスマン
ペレ 180
ライト
バッジョ
リバウド 181
M・ラウドルップ 187
B・ラウドルップ 
ロー 188
リードレ 189
リトバルスキー
ロマーリオ
カントナ 190
クライファート 192
ウェア 197
ファン・バステン
コレル 201
ベルカンプ 208
ラッシュ 213
チャールトン

MF
ミチェル 168
ライカールト
マテウス
ドナドーニ
アンチェロッティ
ジダン 177
カルピン 169
ニースケンス 170
ダビッツ
オリセー 171
アルベルティーニ
コク 172
フィーゴ
ギグス 175
オウビーニャ 177
シメオネ 178
サンパイオ 180
ヴェロン 182
ロブソン 183
バラック 185
ベッカム 187
エルゲラ
トニーニョ・セレーゾ 189
スコールズ 192
N・ベルティ 193
ヴィンター 197
プロシネツキ 201
ネドベド 204
インス
レドンド 207
ルイス・エンリケ 214
シュスター

DF
ベッケンバウアー 168
カンナバーロ
コスタクルタ
デサイー
ナダル
ブレーメ 170
マテラッツィ
ジョルジーニョ
シレア
ブライトナー
アウゲンターラー 171
パサレラ 172
カフー 173
ノボトニー 174
バレージ
マルディーニ
コスタクルタ
タソッティ
ジュリオ・セザール 175
スタム 176
クーマン 177
ベルゴミ
リー・ディクソン 180 
アダムス
ロベルト・カルロス 181
コーラー 
イエロ 196
ウィンター・バーン
カジ 203
マツダ
イハラ
ダリボ・ヴェスト
サンチス 208
ジェンティーレ 211

GK
サモラ 168
カワグチ 172
ブーヨ 183
バンクス
シュマイケル 184
カーン 188

17-18でも非常にたくさんのレジェンドカードが使われていましたね~。この中でFWだとロナウドやシェフチェンコ、MFだとライカールトなんかは序盤から終盤まで本当によく登場していた印象があります。

DFのレジェンドに関しては今期(17-18)のデータ対戦だと個人守備重視のレアKP持ちの選手が非常に多く採用されていた関係で前期より登場頻度自体は少な目だったかもしれませんね。それでもカンナバーロなどは相変わらず根強い人気があったように思いますし、レジェンドで個人守備重視のレアKPを持ったALTE-RE-のナダルなどはよく見かけました。

GKは現役の選手で能力の高いノイアーやブッフォンなどが採用される事が多く、またキーパーのレジェンド自体がそれほど多くないというのもありますが、その中でKOLEサモラなどは人気があったのではないでしょうか?それと時折登場するJ-LEカワグチは15-16からチェックしていた限り毎バージョン必ずデータ対戦の上位に登場していたのでとても印象に残っております(-∀-)

スポンサードリンク

17-18以降のデータ対戦168回大会から231回大会までのベスト16以上に登場していたレアチームスタイル

オフェンス
王道のクロス 168
モメンタムラッシュ
ホーミングクロス
光速ドリブル
キラークロス
ウルティマ
黒いチューリップ
ロングパスマスター
シュネーシュトゥルム
スリーライオンズ 169
クロスの伝道師 170
エンドレスロード
ビクトリーパレード
止めの一撃
追撃の号令 171
攻勢の波動
トータルコマンダー
ゴールデンガン 172
ロケットパス
ビッグアーチ 173
エルエレガンシア 174
バンディエラの大号令 175
黄金の矢
フリックパス 176
鋼鉄のターゲットマン
見事な一撃 177
ショーテストルート 178
ボーダレス 
銀河の怪物 179
ティキタカ 180
プルガアトミカ
ダイレクトアクセル 183
エースの風格
ダイレクトライン
ストロイエ 187
バルカンの強風
王者の道 192
レーザービーム 193
イノセントワールド 198
奇跡の街道 205
光源 206
前線の聖域 207
両輪のハンドル 210
ドリブルマジシャン
絶対エース 211
ターニングトルソ 214
トランスフォーム 215
組み立てのアーティスト
機転のマイナスクロス
熟練のサイドギア
トータルフットボール

ディフェンス
上空の騎士 168
クリーンファイト
スティールボールラン
ダブルバン(コンビ)
ザビースト
多彩なる大器 169
ハンティングドッグ
結界のトライアングル 170
フィールドの闘犬
パワースティール 171
フィジカルモンスター
先導のザゲイロ 172
ボルカーン 173
城門の番人 174
至高のインターセプト
至高のリーダーシップ 175
同志の門
グアルダアラーニャ 176
ワイパーディフェンス 178
結界のトライアングル 179
バイタルガード 184
連鎖の要 186
タッグパートナー 187
神の声 191
守備ブロックの核 201

サポート
ペナルティーガーディアン 168
ブラックスワン
レイバリエンテ
グラビディライト
スカイイズリミット
フォアスティール
絶対守護
ダイナミックダイナモ
マシアの英雄 169
カンルチョカンピオーネ 170
五月の太陽
フルタイムラン
ラインセキュリティ
移動壁
笑止千万 171
連鎖のアルゴリズム
アトミックセンター
王国の門 172
ノーリミット 173
右サイドの支配者
ウラカン 174
堅守の番人
スピンギア
全能のリベロ 175
共鳴の矢 176
フロントミッション
テレグノシス 177
フランデレンの獅子 178
エルディビーノ 179
グランツパラーデ 181
ティターン 188
ジェットエンジン 190
起死回生のオーバーラップ 203
栄光の軌道
グランカピターノ 214
クールヘッド 215

国・クラブ
セレソンブラジレイラ 175
ブラウグラナ 181
メレンゲス 209
コルチョネロス 211

17-18の攻撃KPに関してはモメンタムラッシュなど全員攻撃のレアチームスタイルが本当によく使われていましたね~。一時は上位のほとんどが全員攻撃というくらい人気になっていましたが、終盤はロングパスやダイレクトプレイ重視のレアKPが割と多くなっていきそれなりに分散していた印象。

その一方守備KPに関してはほぼ個人守備重視一択というくらい使用率もダントツだったのではないでしょうか?序盤は上のリストにもある通り前バージョンからの流れでプレスディフェンスや17-18以降注目されはじめていた組織守備重視やカバーリング重視のレアKPなどが登場していましたが、中盤あたりからは上位でも個人守備重視しか見かけない大会もあるくらいに人気となっていきましたね~。

そして自分がデータ対戦で登場したKPをチェックした15-16~17-18の間だと、17-18はクラブ・国別のチームスタイルが最も登場が少なかったバージョンでもあったようです。

WCCFのデータ対戦では流行を追いつつもなんとか自分の色を出しながら楽しむというスタイルで長く遊ばせてもらいました。フッティスタになりデータ対戦が無くなってしまったのが本当に残念。対人戦がメインのようなので難しいかもしれませんが、またいつか復活してくれたら嬉しいです(´∀`σ)σ



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
カテゴリ
プロフィール

げおるげ

Author:げおるげ
WCCFは02-03から続けており好きな選手はジダンとウェアとロナウジーニョ。チーム作りはパワー関連の能力が高い選手を優先するとか。

リンク
カウンター