[使用感]16-17白カリドゥ・クリバリ使用感

最終更新2017年6月16日
選手画像
3924.jpg

戦績
3924_2.jpg
※試合出場数補足:任期の減らないモードでも継続的に起用しているため実際はもっと多いですが参考程度に。

仕上がり具合
3924_3.jpg

主な配置
1、SB(左) 2、CB(左) 3、DMF

※配置補足:クリバリを起用するにあたり大半は4バックの左側のSBとCBの位置にて起用。DMFは試験的に配置した程度。

スポンサードリンク

“白DF”の範疇に収まらない対人能力

カリドゥ・クリバリは身体能力が高くフィジカルコンタクトは滅法強い。相手を手で押さえ付け時には強引ともいえるタックルでボールを奪う。それでいてカードを貰いやすいという印象も少なく、白DFとしては抜群の安定感があると感じた。

特にKPマリーシア発動中は狡猾さが増し、上記のようなプレーに加えスライディングなども交えて格段の奪取力を発揮する。味方が抜かれそうな状況にすぐさま長い脚を延ばして危険の芽を摘むなどフォローも出来る。

基本的なパスやフィードなど足下の技術は特筆すべき点は無いがまずまず及第点の印象。高さもあり空中戦にも優れる。

DMFでの起用に関してはじっくり使い込んだわけではないので多くは語れないが、奪取力はこのポジションにおいてもある程度発揮できる。が、その後の展開力は乏しく感じてしまうため、あくまで本職の守備的MFが離脱した際の急場凌ぎには成りうるかというところ。


逆足を使うのはやや苦手か
たまに自陣深い位置などですぐ近くのタッチラインへと安易に蹴り出すことが多く、時にピンチを招くこともある。すぐにクリアしてくれること自体は悪くないこと(むしろ守備において重要)でもあるが、出来るだけ遠くに蹴ってもらいたいと思う事が多々あった。なぜこのような事が起きるかを自分なりに考察すると、逆足の精度、頻度、そしてポジションが関係しているのではないかと考えた。

守勢時には出来るだけ前を向いたまま前線に大きく蹴りだしたいところだが、「左」サイドでいざという時など状況によっては逆足で対応した方が早い場合でも、クリバリの場合すぐさま反応できる利き足(右)を使う事が多いため、そのような状況が起きてしまうのかもしれない。もしかしたら逆足は苦手な部類なのではなかろうか?などと考えてみたが果たして。


イマイチ伝わらない満足度評価
番付発表


番付:関 脇
成績:11勝4敗
(※成績は単なるイメージです)

総評
白としては破格の対人能力、高さもありヘディングも強く、相手のクロスをパワフルに弾き返す。今回はサイドでの起用が多かったのと、任期の減らないモードでも試行していたため戦績にはあまり反映されていないが、クリバリの高さは守備だけでなくセットプレー時の得点源としても期待出来るかもしれない。

また、今回は任期中ほぼ左で試したが先ほどの利き足の件を考えると今後は右での起用も気になるところ。使う機会があれば試してみたいと思う。来場所も関脇の地位で10勝以上ならいよいよ大関取りの声が高まってくるかもしれない!?m9(゜д゜)っ

※あくまで個人の使用感ですのでどうかあしからずm(_ _)m



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力