16-17WCBモーガン 1stインプレッション

IMG_3574.jpg

□16-17WCB
ウェズ・モーガン
10/18/12/19/14/16 89
ハードスティール(ハードプレスディフェンス)
適正 S/A/A/A

『局面での豪快なボール奪取を可能にしているのは鋼鉄の様なボディと守備戦術だけが理由ではない。高い位置であろうと引いた位置であろうと、ボールが来る前からプレッシャーをかけ、勝負を有利にしているのだ。』

身長185cm、体重93kgという圧倒的な肉体。モーガンの場合は前腕に浮き出た血管もそうですが、ユニフォームに隠れていても上腕~三角筋~僧帽筋(上部)のライン、さらには胸板の厚みなどあきらかに重量のある筋肉を搭載しているのがカードの画像からでも伝わってきますよね~。まさに鋼の肉体!ゲームでも鋼のような守備を期待しさっそく投入しキャプテンに任命!m9(゜д゜)っ

スポンサードリンク

インプレッション
投入後すぐに特別指導で「ストッパー++」が付いてくれたこともあって(指導はSPEセルヒオ・ラモス)、なかなかの守備のかたさを発揮してくれています。

対人能力も高くフィジカルを活かして危険の芽を摘む奪取能力、さらにスピードも14とCBとしてはまずまずの数値だと思いますが数値以上に素早い印象を受けます。

左CBの位置に置いてみたのですが、いざとなればタッチライン近辺の右サイドなどにも出張し味方をサポート。速さを感じたのはポジション取り、予測などが上手いからなのかもしれません。

正面から来る相手に対して、あるいは上記のように仲間へのフォローなどはなかなか安定感がありますが、斜めやサイドの寄りで相対した場合、スピード&ドリブル特化の選手にはさすがに抜かれると追いつけなかったりするのでスピードを補うよう鍛えるのもありかも。

あとは個人的に面白いと思ったポイントが2つ。

①守備範囲
先ほどのタッチライン付近までサポートにいく動きもそうですが、カード裏面の適正範囲も中央だけでなく左右色づけされているのも魅力と感じます。相手FWの抑えたい選手に対してポジションを流動的に変えられるのは汎用性の面で〇。

前後にも広く、さらには最前線の相手ペナルティエリアの一部にも地味に色が付いているので、CKなどセットプレーでの得点源としても期待出来そうですな。

②マイルド・デサイー
これはちょっとネタっぽいですが、実はLEデサイーからすべてのパラメーターの項目を-1するとモーガンになるという発見(笑)

デサイー 11/19/13/20/15/17 95
モーガン 10/18/12/19/14/16 89

“強靭な肉体”という共通点も相俟って個人的にはマイルド版デザイーとして期待を寄せています(-∀-)

以上、使用感というほどではありませぬがさっそく起用してみての感触レポートでございました。まだまだこれから使い込んでいこうと思っておりますが、16-17のなかなか面白いカードに巡りあえました(´∀`σ)σ

※あくまで個人の感想ですのでどうかあしからず。



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力