【D105メモ】前線に綺羅何枚?



いつも参考にさせていただいておりまする。データ対戦で個人的に気になった選手カードやKPなどを忘れないようメモさせていただこうと思います(・Д・)ノ

【ベスト4より】
ホーミングクロス /黒ベッカム
プレスディフェンス /黒ネスタ
右サイドの支配者 /HOLEカフー
【綺羅枠】
ライカールト、カフー、バレージ、チアゴ・シウバ、スタム


見事ベスト4に進出されたチームで、メンバー構成からおそらくはミラン在籍選手をコンセプトにしたチームと思われますが、特筆すべきはFWやトップ下など前線に1枚も綺羅を割かない構成(中盤2枚、DF3枚)が印象的。スタムやベッカムもいざとなればキャリア後期のカードに入れ替えロッソネーリも考慮できますね~。

ところで、まだミランのクラブチームスタイルこそ上位ではそれほど多くは見かけませんが、108回大会で見事優勝されたチームもミランをコンセプトとしたメンバーで構成されていましたね。現状はネラッズーリが人気となっていますが来期は戦線に何か変化が起こるでしょうか(-∀-)

スポンサードリンク

そしてもうひとチーム「ネラッズーリ」をコンセプトに上記と同じように前線に綺羅を割かないチームで・・・

【ベスト16より】
・・・ /-
ネッラズーリ /-
・・・ /-
【綺羅枠】
チアゴ・モッタ、F・カンナバロ、ベルゴミ、ルシオ、ハンダノビッチ


よくより見ると白認識の金枠アルド・セレーナが中央にあわせのFWとして配置されていましたが、このチームも基本的には中盤1枚とDF3枚そしてキーパー1枚と守備的なポジションに綺羅を割いており同じく印象的でした。

105回大会ではトップ下も含めて前線に綺羅を使わない共通点の上記2チームが上位に進出、データ対戦で上位でFWに1枚も綺羅を割かない構成はここ数週遡っても比較的めずらしいように思い興味深く取り上げさせていただきました。参考にさせていただきますm(_ _)m

【105回大会で使用されたKPの傾向】
ネラッズーリ 9
ロケットパス 2
ダイレクトプレイ 1
ホーミングクロス 2
クロス重視 1
アーリークロス重視 1

ネラッズーリを中心としてやはりサイドからの攻めが主流なのはバージョン初期からほとんど変わりませんね~。もう少し偏りが抑えられ、様々なKPが登場するようになるとよう、次のバージョンではバランスの向上にも期待しております(´∀`σ)σ



WCCFあんてなに参加しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

George.S

Author:George.S
WCCFは02-03から続けております。
好きな選手はジダン、ウェア、ロナウジーニョ。
ゲームでは黒人選手をよく起用して遊びます。とりわけ筋肉量が多くパワーの強い選手が好みです。
ネタに走りがちでしたが最近はようやく流行も追うようになったとかなんとか。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
戦闘力